糖尿病の合併症を防ぐために

国内では糖尿病患者さん、予備軍を合わせると2000万人以上にもなります。全体の20%になります。そこで糖尿病を防ぐためにはどんなことに注意したらいいのでしょうか?生活習慣や考え方なども。

糖尿病の勢いは増すばかり!

毎年、糖尿病の患者数などの統計などが発表されますが、変な言い方ですが、数値は増える一方です。それだけでなく過去最高を更新続けています。

本サイトでは、現状での糖尿病が抱える問題だけでなく、合併症を防ぐための生活習慣なども紹介していきたいと思います。

現状

所得が低い人ほど栄養バランスの欠けた食事をとっており不健康であることが示されています。肥満の増加に歯止めがかかった一方で、女性の「やせ」志向が続いており、運動習慣のある人も全体の約3割など、生活習慣改善の必要性が引き続き示されました。現代人特有の夜型スタイルが増えて、睡眠不足も問題となっています。これからひとりひとりがしっかり考えないと大変なことになってしまうかもしれません。

こちらのサイトによれば

糖尿病で最も怖いのは、高血糖が続くことで起こる「合併症」です。自覚症状が乏しいことから「知らない間に病気が進み、気づいたときにはかなり進行している」ということも珍しくありません。まずは、糖尿病にはどのような合併症があるのかということと、その症状を知っておくことが大切です。

自覚に乏しいというのは、症状が悪化していることに気づきにくいということですから非常に危険です。また、合併症がもとで命にかかわる病につながるケースも希ではりません。糖尿病の合併症は、血糖の調整がうまくいかず、高血糖の期間が長いほど起こる可能性が高くなります。

糖尿病の合併症には、急に自覚症状が現れる「急性合併症」と、ゆっくり進行する「慢性合併症」があります。慢性合併症は、早期のうちは自覚症状があまり現れず、気がつかないうちに進行していきます。

これが糖尿病に効いた!実際に使用した人たちの口コミ

ページのトップへ戻る